タンク内のトラブル

トイレのトラブル修理

考えられるタンク内の水漏れトラブル

トイレタンクが原因で起きる水漏れにはどのようなものがあるのでしょうか。電話受付をしているとトイレの修理依頼がよくあるのがトイレの水漏れトラブルで水を流したときに水が止まらなくなるといった症例です。


レバーがもとに戻らない。と、いった修理依頼が多くあります。これは、レバーの回転不足が原因でゴムフロートがひっかかっていたりチェーンが切れていたりするとゴムフロートが開いたたままとなってなって水が流れ続けるといったことになってしまいます。また、トイレを使った後、しばらくの間タンク内でチョロチョロと水の音がし続けるというケースも多くみられます。その他、タンクの水がなかなかたまらない。タンクからポタポタと水が垂れていて床や便器が濡れる。便器の水をよくみると少量の水が糸を引いたように流れっぱなしになっている。と、いったトラブルも多くあります。これ藻ゴムフロートが栓の部分がゴムでできているので摩耗したりすり減ってその部分から少しづつ水漏れしてくるのが原因のトラブルです。

ゴムフロート


トイレタンクの水漏れはさまざまですが、その多くはタンク内にある部品の経年劣化や消耗及び破損が原因と考えられます。問題の部品を交換したり正しい位置に調整したりすることで改善すること可能です。

当夜では、水まわりの相談対応も行っていますので自力修理で困った時にはお問い合わせください。


総合サポート受付電話番号