使用上の水漏れ

使用上の過失

会社概要

お風呂の浴槽にお湯を入れていて溢れて廊下まで水浸しで階下漏水した、洗濯機のホースが使用中に抜けてしまって下の階に漏水した、トイレを詰まらせて汚水が溢れでた、下の階に水漏れさせたなどのケースでは、トラブルを発生させた当事者に賠償責任が発生します。不可抗力だったとはいえ被害を受けた他の階の住人などに損害賠償として高額な費用を支払うことになるケースがあります。しかし、このような事態になった時のために賃貸契約の場合には、「借家人賠償保険」という保険。所有者なら「施設賠償保証」に加入し部屋を借りたり所有しているはずです。「どんな事故に、どれくらいの賠償金が保証されるのか」を事前に確認しておきましょう。水漏れによる損害費用は高額になる事が多いので、トラブルが起こってしまったら、なるべく早く大家さんや管理会社。あるいは、保険会社に連絡を入れて対処できる範囲か確認すると良いでしょう。また、水漏れの原因となっているのが共有設備か占有設備かを判断することが賠償範囲が異なってきますので専門家に見極めてもらう事が重要となってきます。とにかく早めの連絡するように心がけてください。


階下漏水が起きたら、どこから水漏れしているか判別しましょう。見極め方として宅内の上水道を全て止めて水道メーターのパイロット針が回ってるか各印することです。パイロット針が回っていなければ共有設備か隣の部屋からの漏水。あるいは、雨水による漏水とほぼ断定できるでしょうl。賃貸であれば管理会社や大家さんに連絡してどうすればいいのか相談することも一考です。

総合サポート受付電話番号