洗面所の床が水浸しになっていた

マリン水道グループ

洗面所が水浸しになった時の対処法

ふとしたことで気づくのが水回りのトラブルです。洗面所は、洗濯機が設置されていたり洗面台で給排水設備が異常を起こしてしまい気付いたら洗面所が水浸しになっていたとすれば、かなり焦るのではないでしょうか。
水浸しになっている場合には、どこから染み出ているのかをまず確認してください。
洗面所は洗濯機と洗面台などを水道設備と直結している部分が他の箇所と比較しても多い方に分類されます。そのため、さまざまなケースが想定されますが多くは洗面台の下の収納スペースから水が溢れていることが比較的多くあります。
洗面台の下にあるスペースは単に収納の役割をしているだけでなく、水を出すための給水管やお湯を出す給湯管。あるいは、洗面台で排水した水を排出する排水管が取り付けられています。水漏れの原因としては給水管や給湯管の腐食や劣化によって水が漏れたり何らかの衝撃で排水パイプがずれたりして不具合を起こしていることが考えられます。
給水設備で不具合を起こしている時には、早急に収納スペースを開けて給水管や給湯管についている止水栓を閉めてください。もし止水栓が設置されていない場合やハンドルが回らないなどの不具合が発生していた場合には水道の元栓を平静にして2次的な被害を避けるためにも必ず対処してください。一呼吸を置いてから修理をするための水道業者の手配をすることが必要となってきますので状況に応じた的確に判断をして対処していきましょう。
なお、マンションやアパートの上階で水漏れが起こると、床下に水漏れして階下の住人に迷惑をかけてしまうおそれもあります。床まで水浸しになっているような場合には、マンション管理会社などに連絡して他の住戸に影響が出ていないか確認してもらうようにしましょう。

群馬県の出張地域紹介
高崎市 前橋市 太田市 伊勢崎市
桐生市 渋川市 館林市 藤岡市
安中市 富岡市 みどり市 沼田市

水道の工事

資材メーカー

総合サポート受付電話番号