水道設備に応じた製品を選ぶ

マリン水道グループ

凍結防止ヒーターを使用する水道管の凍結防止対策

凍結防止ヒーターは選び方を間違ってしまうと昨日不十分で十分な保温効果が保てない、または使用できないなどのケースがありますので購入前にしっかりと凍結防止ヒーターの性能を確認してから導入検討をしてください。
いくつかのポイントがありますので以下の通りご説明しておきます。
★ヒーター部分の長さ
凍結防止ヒーターは、水道管に直接巻いて使用しますが装着する部分の水道管の径や長さに合ったものを購入しなければなりません。ヒーター部分が重ならないように覆う必要があるので、どれぐらい必要になってくるかを念入りに調べて確認してから購入します。重ねて巻くと火災の原因になりますので絶対に重ねないようにしてください。 また、長ければ長いほど電気料金がかかってしまいますので、余計な長さがあると電気代に直接跳ね返ってくるので気をつけましょう。水道管の径と巻きつける部分の長さを確認し、適応するものを購入してください。
★水道管の材質に合った物を選択する必要がある
水道管には、銅管・塩ビ管・ダクタイル鋳鉄管・ステンレス鋼管・鉄管などの種類があります。
凍結防止ヒーターは水道管の材質によって使用可能なものと使用できないものがありますので必ず水道管の材質を確認してから設置するかを考える必要があります。鉄管で作られた金属配管か樹脂配管かだけでも確認することができれば十分です。
★温度感知ができるタイプ
凍結防止ヒーターには、大きく分けて2つの温度の感知方法があります。
サーモスタット式
ニクロム線ヒーターを使った凍結防止ヒーターで付属しているサーモスタットで温度を感知し通電と停止を繰り返します。配管温度検知式と外気温検知式に区別することができます。外気温検知式は配管の温度が高くても外気温が低ければ通電してしまうので電気のロスが大きく電気料金が余計に加算されてしまうことが多いです。配管温度検知式は、配管自体の温度を感知するので電気料金の無駄を少なく済むことができます。
自己温度制御式
自己温度制御式はPTCヒーターといわれるものでヒーター自体の温度が上がると電気が流れにくくなり反対に温度が下がると電気が流れやすくなります。自己温度制御式は部分的に温度を調節できるので温度が下がっている部分をピンポイントで温めることも可能となっています。しかし、温度が高いときでも常に通電をしているので別売りの専用サーモスタットを購入し電気料金を抑えることをおすすめしておきます。お住まいの地域によって水道管の凍結を防ぐためのに役立つ凍結防止ヒーターがどちらに適しているか異なってきますので建物の状況に応じたものを選ぶようにしましょう。


群馬県の出張地域紹介
高崎市 前橋市 太田市 伊勢崎市
桐生市 渋川市 館林市 藤岡市
安中市 富岡市 みどり市 沼田市

水道の工事

資材メーカー

総合サポート受付電話番号