氷点下を下回る気温の場合には十分な注意が必要

マリン水道グループ

水道設備が凍結してしまうトラブルについて

昨今の異常気象などによって各地で多大な健康被害が起きています。また、地球温暖化の影響などの影響によって全国各地で異常気象が相次いでおり急激な気温の変化によって水道管が以上を起こすなどが起きています。このような思わぬ寒波が襲来することが増えてきましたので水回りのトラブルが発生しないためにも十分に注意をしておきましょう。
関東でも寒さが厳しいのが当たり前の雪国とは異なり、いつ雪が降るか寒さが押し寄せるのかは予想が尽きません。
だからこそ、厳しい寒さの到来で水道管が凍結すれば思ってもいないことに驚き、焦り、困ることになってしまいます。
関東の各地域では、水道管が凍結する経験をしたことがない方も多いので一体どなるのか想像がつかない方が多いかもしれません。まず、水道管が凍結すると水が出なくなります。ひどい時には水道管が凍結の影響で膨張し破裂してしまったり水が噴き出すなど大きなトラブルに発展するリスクさえあります。
マンションなどの共同住宅の場合でしたら隣室や階下にまで影響が出るので注意が必要です。
マンションの2階以上の高階層にお相撲でしたが水漏れや破裂が起これば、階下へと浸水するリスクがあるからです。
天井や床など借りている部屋、階下の部屋、階下の住人が所有している家電製品や家具や衣類などを水浸しにする2次的な被害が起きる場合もあります。
氷点下4度以下になると十分な保温効果を対策していないと水道管が凍結して水が出てこなくなる支障をきたします。だからといって、水道管を溶かそうと熱湯をかけてはいけませんし放置しておけば自然と水が出てくるだろうと思ってられる方も多くいると思いますが凍結を起こしている水道管をそのままにしておくと、凍結している部分が膨張し水道管の破裂を引き起こす事が起きてしまいます。
関東でお住まいの方は水道管凍結の経験がほとんどないために蛇口が凍っていたら思わず熱湯をかけてしまうかもしれません。
ですが、熱湯をかけると急激に温度が変化することで水道管に亀裂が入ったり、破裂して水が噴き出すことがあるので注意が必要となります。
このような場合には、直接熱湯を蛇口にかけるのではなくタオルで蛇口や水道管を包んだ状態でぬるま湯を少しずつかけるか、開栓した状態で鳥栖市に近い部分からドライヤーの温風を当てて徐々に溶かす方法がベストです。
水道管が凍結してしまったら放置しておくことは極力控えて早めの対処をすることが重要となってきます。

栃木県の出張地域紹介
宇都宮市 小山市 栃木市 足利市 佐野市
鹿沼市 日光市 真岡市 大田原市 下野市
さくら市 矢板市 那須塩原市

水道の工事

資材メーカー

総合サポート受付電話番号