水道が凍結したら放置していると破裂するリスクがある

マリン水道グループ

水道配管に対策を施してないと凍結することもある

寒さが厳しい地域と異なって都市圏であっても、いつ厳しい寒さが到来するか予想がつきづらい異常気象を持ち出すことがあります。だからこそ、寒くなる季節に向けて水道が凍結してしまわないような事前準備をしておくことが大切です。
屋外に設置されている水道配管や水栓をはじめ、来たくないの水回り・水道管などむき出しになっている水道管には十分な保温を保てる対策が必要になってきます。
考えているほど、水道配管を保温させることが難しくはなく、時間さえあれば直ぐに対処することができます。
破れたタオルや緩衝材などを水道配管に巻き付けたり、穴が空いたTシャツや毛糸やフリース素材の帽子などをくりぬいて筒状にしてかぶせれば応急対策でしのぐことも可能です。それ以外にはホームセンターで販売されている水道配管用の保温材を隙間なく取り付けることで水道の凍結をさせてしまわないような十分な対策でもあります。
また、応急対策でしたら水道メーターボックスには、隙間に砕いた発泡スチロールやボロ布などを詰めて保温してください。家にある要らないものを使えるので費用もかかりません。
天気予報なので厳しい寒さが到来する予報が呼びかけられていたら上記のことの対策をしてみてはいかがでしょうか。
しかし、対策をするのに時間がなかったり急なことなので対処することもできないといった事態もあることでしょう。このような場合には、水道の蛇口を開いて水を出しっぱなしにして水を出し続けることで水道の凍結を防ぐことができます。水道管が凍結してしまう最大の原因としては、水が循環していないのが原因となりますので水をだしっぱなしにしておけば水道管が凍結してしまうことを防ぐことが可能です。しかし、水道料金が加算されてしまいますのでどうしようもない時に行う最終手段だと考えておきましょう。
給湯器に通っている給水管の凍結防止策についてですが追い焚き機能付きなら温度を最低の35度に設定したうえで追いだきスイッチを入れっぱなしにします。追い焚き機能がない場合は浴槽の栓を外し少量でいいので水を出しっぱなしにしてください。
凍結防止装置がついている給湯器であれば自動的に凍結防止機能が故障していない限り動作します。

昨今、異常気象で予期せぬ事態に陥ってしまうことがあります。寒くなる前に十分な対策をしておくことが望ましいとお伝えしておきます。

群馬県の出張地域紹介
高崎市 前橋市 太田市 伊勢崎市
桐生市 渋川市 館林市 藤岡市
安中市 富岡市 みどり市 沼田市

水道の工事

資材メーカー

総合サポート受付電話番号