油分が排水管に流れ込んで詰まりを起こしてしまう

マリン水道グループ

ゴミ受けに付着している油分が詰まりの原因となる

三角コーナーの生ごみは溜まると捨てていてもシンク内に置いてあるバスケットをしばらく掃除していない場合に、バスケットの網目に細かなゴミが詰まり油汚れやヌメリが付着してコーティングされ水が流れない状態になってしまうことがあります。
この汚れがシンクの排水口に流れていき排水経路を次第に付着して行き詰まってしまうという原因になりがあります。このようなことが起こらないためにもバスケットをきれいに掃除することで詰まりの解消ができるはずです。
ゴミ受けをスポンジに洗剤を付けてバスケットの全体を隅々まで洗いましょう。
表だけでなく側面や裏側までヌメリや黒カビなどを除去します。スポンジで洗うだけでは、網目に詰まったゴミや黒カビが取りきれない場合があるので使い古した歯ブラシやキッチン専用の細かいブラシで溝を丁寧にブラッシングして汚れを取り除いていきます。
それでも、バスケットの汚れが除去できない場合には、キッチン用の漂白剤にバスケットを浸け置きするか重曹と酢を使って頑固な汚れを分解すると良いでしょう。それ以外にはパイプ洗浄剤を使うという方法も友好的であります。
重曹を使う場合にはシンク内にバスケットを置いて、そこに重曹を1カップほど振りかけます。人肌に温めたお酢を1カップかけると重曹が泡立ってきます。この泡の洗浄力でバスケットのヌメリや黒カビ。あるいは。臭いまで除去することが可能です。15分ほど放置してみて汚れがとれたようでしたらお湯で洗い流します。バスケットがきれいになり排水口から油分が流れていかないようになり排水配管の詰まりの予防ができます。些細なことですがこのことを実行することによって目詰まりを起こすことを防ぐこともできます。


群馬県の出張地域紹介
高崎市 前橋市 太田市 伊勢崎市
桐生市 渋川市 館林市 藤岡市
安中市 富岡市 みどり市 沼田市

水道の工事

資材メーカー

総合サポート受付電話番号